おすすめDVD④

今日は、「おくりびと」の感想です。
「死」をテーマにした映画であるにもかかわらず、面白く、やさしい気持ちにな
れるます。
私たち夫婦のお気に入りの映画で、はじめは映画館で観たのですが、
その後DVDを買って3回見ました。内容もわかっているのに、見るたびの号泣します。
でも、悲しいだけではなく、死んでしまった人に対する愛情があふれ、最終的には温かい気持ちになれます。

笑って、泣いて、感動して、幸せな気持ちになれる映画はなかなかないと思います。母の実家が秋田県なので、映画のように実際なくなった人の供養をするのを見たことがあります。
大切な人の「死」と向かい合って、その人の送った人生を振り返り、感謝し、見送ってあげる。

あまり知られていない日本文化ですが、日本人であることを誇りに思える映画です。
英語でも翻訳されDeparturesとして知られ、第81回アカデミー賞外国語映画賞受賞しています。
外国人の人にも認められているのがうれしいですね。
主演は本木雅弘,妻役は広末涼子で、出演者は少ないのですが余貴美子、吉行和子、笹野高史を含め全員の演技力に驚きました。日本の田舎の風景も主題歌のクラッシック音楽もすべてが美しく演出された映画です。
大切な人と一緒に観てみてください。